地震が収まったら…どう行動すれば良いの?

地震が起こると、多少なりとも驚くこともあるでしょう。地震が収まったら少しはほっとするものではないでしょうか。そんな地震が収まった後にはどういった行動に移せば良いのでしょうか。

いざ地震が発生した時に慌ててしまうと怪我をしかねません。慌てないように、覚えておきましょう。

〇揺れが収まった!まずどうする?

揺れが収まったら、まずご自身の身に異変がないかを確認しましょう。出血していないか、どこか痛くしていないかについてです。あなた自身に何事もなかったことがわかりましたら、続いて足元がどのような状況下にあるかを確認するようにします。

揺れによって、ガラスが割れたり、陶器の置物や皿などが割れてしまっているかもしれません。そういったものの破片が床に散らばっていることもあるので、スリッパを履いたり床に雑誌を置いて足を怪我しないように対処しましょう。

場所を移動できるようにすることが大事なのです。続いて、ご家族などに声をかけて、皆が無事であることを確認しましょう。もし閉じ込められてしまっていたり、家具などの下敷きになってしまっていたなら、周囲の方と協力して助け出し、応急手当を施すようにします。

それから、その時の災害がどの程度の規模だったのか、被害の状況はどのようになっているのかといった、情報を入手します。そして、避難場所に行くかを判断しましょう。もし津波が来ると情報が入ったならば、すぐにでも避難するようにしましょう。

また、もしかしたらあなたご自身が被害に遭われるかもしれません。1人で家の中にいて家具などの下敷きになってしまうこともないとは言い切れませんね。もしマンションにお住まいでしたら、人が通るような気配がしたら声をあげるなどして知らせるようにします。

〇動けるのならどんなことをする?

地震が起きると、その揺れが原因で電話の受話器が外れてしまいます。せっかく電話が通じるはずなのに、『話し中』になることで、こちらにかけてくれた人と通話ができなくなってしまいますね。そうなると、きちんと安否確認ができなくなってしまいかねないのです。

そういったことを防ぐためにも、地震が起きた後には受話器が外れていないか確認をして、もし外れていたら直ちに正常な状態に戻すようにしましょう。また、火についても確認をしましょう。火災が起きないようにすることは欠かせません。

続いて、玄関のドアであったり、窓ガラスやベランダ(バルコニー)にえいきょうが でているかどうかを確認します。そして、あらかじめ確認しておいた避難経路の通りに避難をしましょう。

マンションなどの場合は、避難ハッチから他の入居者が降りてきたり隔板を突き破り避難してくることもあるでしょう。そういった時は周囲がどのような状況なのか聞くようにします。また、地震の際にちょうどエレベーターに乗っていて閉じ込められてしまうといった事例が多く発生しているようです。

もしエレベーター内に閉じ込められてしまった場合には、自力で開けようとはせずに、緊急通報ボタンを使ってサービス会社に連絡をしましょう。もしそれが通じなかったなら、携帯電話が使える場合は警察や消防に連絡をするようにします。

慌てないことがカギですので、落ち着いて対処しましょう。さらに、エレベーターに関しては地震が起きた時には動いていても、その後に止まってしまうことも考えられます。なので、なるべく地震後には乗らない様にした方が賢明です。

地震が起きた!そんな時に部屋ではどうするの?

日本は地震が多い国です。小さい地震ですと、一日に何回も各地で発生しているのが現状です。また、地震は突然襲ってくるものですね。地震が発生した時には、まず身の安全を確保することを最優先にしましょう。

揺れが収まったなら、二次災害を防ぐための行動に移ることが重要です。では、地震が起きた際にはそのような行動をとれば良いのでしょうか。

〇このように安全を確保しよう!

身の安全を確保するためには、まずあなたも家族も危険なものから離れることが鉄則です。家族とも声を掛け合うようにしして、心を落ち着かせるように努めましょう。もしキッチンにいたなら、揺れが小さかったとしても火を止めるようにして、大きな揺れであればただちにその場から離れることが大事です。

もし就寝中などで寝室にいたのなら、布団を頭からかぶって、落ちて来る物から身を守るようにしましょう。もしトイレにいた場合は、退路を断たれないように、すぐにドアを開けましょう。

ベランダ等にいたとしたら、身をかがめながら履物を履いたまま室内に戻ります。お風呂にいて入浴中だった時は、お風呂のふたなどを利用して身を守るようにしましょう。

〇安全確認も大事!

続いて、自宅内での安全確認をしましょう。火災などが起きていないかを調べるということです。火元となる場所を確認して、もしも仮に出火してしまっていたら、すぐに初期消火しましょう。そして、周囲に聞こえるように『火事だ!』と叫ぶことも忘れてはいけません。

ガスについては、マイコンメーターであれば通常は自動でガスが供給されなくなります。別のメーターである場合は、ガスメーターの近くにあるバルブを閉めましょう。水道に関しては、メーター付近の止水栓を右に回して閉めます。

もし停電になった場合は、メインブレーカーを遮断しましょう。そして、電化製品の差し込みプラグをコンセントから抜きましょう。さらに、地震についての情報をラジオやテレビなどで得るようにします。

さらに、トイレの場合とも同じなのですが、地震が起きたことでドアが歪んでしまい開かなくなる場合があります。そうなると、外に出られなくなってしまうことが考えられるでしょう。

きちんと外に避難することができるように、出口は確保することが大事です。その時には、またドアが閉まって開かなくならないために、傍にあったものでも挟んでおくと開けはなっておくことができるでしょう。

さらに、もしも閉じ込められてしまった場合を想定し、バールなど、ドアを開けられるような工具等を用意しておくと便利です。地震が起きたとしても、慌ててしまいいきなり外に飛び出すことは避けましょう。

地震によって瓦が崩れていたり、ガラスの破片が散乱している可能性もあるので、怪我をしてしまうことも考えられるからです。周囲がどういった状況なのかを、まずは見極めることが大切です。

家の中でも、ガラスの破片等が散乱してしまうこともあり得ます。踏んでしまうと足を切ってしまいかねないので、スリッパを履くなどして十分気を付けましょう。外では、ブロック塀などが崩れることもありますので、下敷きにならないように気を配りましょう。

二次災害を防ぐために…ガスもしっかりチェックしよう!

ガスも、私達の暮らしには大切なものですね。しかし、災害が起こった時には、ガスによる二次災害についても十分気を付けなければいけません。例えば、地震が起こったとしたらガス管が破損することも考えられます。

それに、コンロで付けていた火が立ち消えとなってしまい、それがずっと漏れているといった危険な状態を回避する必要があるのです。

〇気を付けるのはどんな時?

さて、ではどのような場合に気を付ければ良いのでしょうか。それは、まず地震が発生してガスが止まった時です。また、地震の震度が大きくタンスや食器棚などが倒れてしまうほど揺れて、多大なる被害があった場合です。

地震で揺れた場合に、ガス管が繋がれている設備の場所が少し動いてしまったり、倒れてしまうことによって、ガス管が割れてしまったり、外れてしまうことも考えられます。それに、地震発生時に調理をしていることもあるかもしれません。

そういった場合に、なべなどを火にかけていて、その中身がこぼれてしまったりして、火が立ち消えになってしまう可能性もあるのです。

〇対策についてはどうなっているの?

地震の揺れが収まりましたら、使用していたコンロなどの火力調整をするつまみを消化の状態にしましょう。そして、ガスの元栓も閉めます。大抵は、ガスメーターはマイコンメーターになっています。なので、震度5以上であれば自然にガスの供給は止められる仕組みになっています。

ご自宅のメーターがマイコンメーターかわからない場合は、ガスを供給してくれている会社に聞いてみましょう。ガスの元栓まで閉めることで、ガスが再び供給されるようになった時に、使われていない器具よりガスが漏れない様にすることが可能です。

ただ、メーターがマイコンメーターであれば、ご自宅内でガスが充満している状況ですと復旧が不可能になることもあるので、覚えておきましょう。もしマイコンメーターが付いていなければ、ガスメーターの近くのバルブを閉じる位置まで回し、家の中へのガスの供給をストップさせましょう。

ガスの供給が再開されましたら、もしマンションにお住まいの場合はマンションの管理組合や管理会社に問い合わるようにしましょう。続いて、ガス栓のコックやガス器具のつまみが閉じた状態や消火位置にあることを確認しましょう。

ガスの供給が再開された時に、使っていない器具からガスが漏れてしまうことを防ぐためです。さらに、マイアコンメーターに取りつけられている復旧方法に従って操作しましょう。メーターによって方法が異なる点にも注意しましょう。

もしマイコンメーターではないメーターの場合は、メーターコックを操作することで、家へのガス供給を再開させましょう。ガスが供給されるようになったら、ガス漏れが起きていないかを確認することも大事です。

ガスの臭いを感じるようであれば、すぐにメーターコックを閉じるようにします。そして、ガス会社に連絡をしましょう。マイコンメーターの場合で、復旧への操作を正しく行っても家にガスが供給されないならば、ガス管であったり、器具がガス漏れを起こしていると考えれるでしょう。

その場合もガス会社への連絡を早めに済ませましょう。

二次災害は起こさない!電気の安全も守ろう

日常的に、いつも電気を使用していることも多いでしょう。私達にとって、電気はとても大切なものです。しかし、災害が起こった時に、アイロンや電気ストーブなどの電化製品が、知らずにスイッチが入っていたことで火災が起こってしまうことも考えられます。

そういった、二次災害を防ぐためには、電気の安全はどのようにして守れば良いのか、考えてみましょう。

〇いつ起こる!?電気製品での火災などに気を付けたい時とは

まず、地震などが起きて停電してしまった時です。さらに、地震などで大きな揺れがあり、タンスや食器棚などの家具が倒れてしまった時も十分注意が必要です。もし、地震が起きる直前までアイロンがけをしていたとします。

しかし、地震が起こったことに慌ててしまいアイロンのスイッチを切ることを忘れてしまうこともあり得ます。そうした場合にアイロンが倒れた家具の下になってしまい、それが元で出火する可能性もあります。

また、電化製品のコードが損傷してしまうこともあるでしょう。そのことが原因で発火に至ることも考えられるでしょう。

〇どんな対策を取れば良いの?

電気での二次災害を防ぐためには、まずメインブレーカーを遮断しましょう。もし深夜電力をご利用になっているならば、その深夜電力のブレーカーも遮断する必要があります。電化製品の差しこみプラグをコンセントから抜くことや、スイッチを切ることも大事です。

しかし、家具が倒れてしまった場合などにコンセントから抜けないこともありますし、電気が通っていることで切断可能である場合があるので、ブレーカーを遮断する方法が適切です。次に、メインブレーカーを遮断してからコンセントから抜けるようでしたら、ゆとりがある場合はコンセントから差しこみプラグを抜きましょう。

電化製品に異常がないかを確認することにも大切なことです。電化製品は、電気が通っていてこそスイッチのオン・オフを調べられるものもありますし、通電されている場合にスイッチが入れられるものもあります。

そういった器具については、差し込みプラグ自体を抜く必要があるのです。停電から復旧したらすることは、電化 製品の差し込みプラグがコンセントに入っていないことを確認しましょう。もし抜かれていないプラグがあったら、すぐに抜きましょう。

続いて、メインブレーカーを入れます。電気温水器などを利用している場合は、上・下水道が復旧になったかどうかを確認してから、それが復旧になった時の対処法により対応しましょう。

また、上・下水道の復旧の対応ができてから、深夜電力のブレーカーを入れるようにします。さらに、この後は勝手に動作をしている電気製品がないかを確認しましょう。アイロンなどの、熱を出す製品にはより注意が必要です。

使いたい電化製品がありましたら、それの差し込みプラグをコンセントに差しこみ、正しく動いてくれるか調べましょう。家具の転倒によってコードが破損してしまっている可能性もあります。正しく動かない場合は、すぐにコンセントからプラグを抜くようにします。

そして、電化製品の中で、時計の機能を持っているものもあるでしょう。そういったものの時刻合わせもしておきましょう。

1 2 3 4 5