これも大事!水のストック方法を知っておこう

災害に備えて、食料を備蓄することは大事です。しかし、それだけではなく水も備蓄しておくことが非常に大切になります。災害の中でも、地震によって水道管に問題が生じることもあり、断水してしまう可能性もあります。

マンションやアパートといった集合住宅では貯水タンクを使っていることが多く、水害が起こると地下の浸水により断水してしまうこともあるのです。また、停電になりポンプが動きを止めてしまうことも断水の原因となります。

そういった面でも、集合住宅にお住まいの方は、より災害時を見越した水の確保は大切な事項であると言えるでしょう。

〇飲料用だけじゃない!トイレにも水が必要

水には、様々な用途があります。もちろん飲料水にも使いますが、トイレなど生活の場面でも必要なものです。『飲み水』としての用途は考える人も多いでしょう。それでも、災害が起きるとトイレを何日も流せなくなってしまうこともあります。

災害に備えるならば、そこまで思い至らなくてはいけません。しかし、トイレに関しては水を用意しておくことで乗り越えることができますので、トイレ用の水もきちんと確保しておきましょう。

〇大事な水!給水車が来るけれど?

水道が無事復旧するまでの間は、災害が起きた場所では給水車が水の補給をしてくれることが多くあります。ただ、水をどのように貰うのか、貰ってからどのように持って行くのかをあらかじめ決めて用具等を準備しておかなければいけません。

水は重いものですし、特に女性や高齢者では運ぶことが困難な場合があります。そういった水の運搬をしやすくするためにも、ポリタンクであったり台車を準備しておきたいものです。水の備蓄には、給水を受けるための準備もしておかなければいけないということです。

とは言え、停電になってしまい集合住宅のエレベーターが止まってしまうことがあります。そんな中で水を運んだりすることはとても大変なことです。お年寄りなどの体力的に難がある方が1日のうちに何回にもわたって水を運ぶということは、困難なことでしょう。

そういった場合には、ご自宅の状況やご家族の構成などに合わせて普段から水をしっかりと備蓄しておくと、給水車の水ばかりに頼ることもなく対処できるでしょう。

〇清潔な水を確保することが大事!

災害が起こったとしても、清潔である水によって家族の健康を保つことは大事です。飲む用途として利用する清潔な水は、水道から汲んだものを長い間保管しておくことは避けたいものです。飲料水にする水は、ペットボトルに入っているミネラルウォーターを備蓄することが鉄則です。

ペットを飼っておられるご家庭ならば、そのペットのことも考えて、必要な分を準備しておくようにしましょう。1人分は、おおよそ1日で1リットルほどの水が必要となっています。それでも、その量を全てペットボトルの水で備蓄をしておくこともありません。

必要量の水は、冷蔵庫などに入っているお茶のボトルの中やポットの中に保存しておくのも良いです。なるべく、日常的に1日分の水は確保しておくようにしましょう。

ペットボトルの水を確保することを前述しましたが、そのペットボトルの水にも賞味期限はあります。水も段々と古くなってきますので、古い水は日付順に普段の飲料や生活で使用する方も多いでしょう。

それよりも、期限が切れた飲料用水の保存は継続し、災害時にトイレなどで生活用水として用いることも効果的なのではないでしょうか。

どこにストックするの?食料品などの保管場所について

災害時に備え、ご家庭で備蓄品を備えておくことが肝要です。そのためには、その備蓄品をどこで保管するかということが大事になってくるでしょう。備蓄するものを用意する前に、保管場所をあらかじめ決定しておくことが必要なのです。

もし保管場所を決めていないうちに備蓄品を用意してしまうと、後になって入れ替えるという手間がかかることもありますし、あちらこちらに保管することになりかねません。このような状態では、災害時には用を成さない可能性があります。

災害時の備蓄品は、食料が多いです。なので、もし保管場所などを決めてきっちりと管理しておかないと、備蓄品が無意味なものになってしまうこともあるのです。それを防ぐためにも、家の中の安全な場所で、備蓄のできる場所を確保しておくようにしましょう。

〇食料品は湿気が大敵!段ボールに入れるのも注意が必要

浸水の危険がないかどうかは、防災マップなどを確認して知ることができます。ご自宅が浸水する心配がない場合であっても、1階の床よりも高い場所に保管することが大切です。普段の湿気なども食料は嫌うので、容器は密閉できるものを利用したり、プラスチックケースに保存をするというのも、賢明と言えるでしょう。

段ボールに入れて、レトルト商品や缶詰等を保存するご家庭も多いのではないでしょうか。ただ、段ボール自体も虫による被害も考えられますし、何が入っていたのかわからなくなってしまう懸念もあります。

さらに、箱等に入れた場合は重ねて下になってしまった箱に関して取り出しにくくなってしまうでしょう。棚を作成したり、引き出しタイプの半透明になったケースを利用して、スペースを上手に利用することも可能です。この場合は、備蓄品をたっぷりと詰め込み過ぎずに、余裕を持たせて保存するようにしましょう。

〇食料品以外もストックが必要!どこに保管する?

食品以外のものも備蓄しておく必要があります。食料以外の水や医薬品も、食料と同じ場所に保管すると、わかりやすいですしいざという時に取り出すのにも便利です。しかし、2か所くらいに分けて保管しても問題ありません。

食料品は涼しさがあって乾燥している場所が適していますが、それ以外の備蓄品は、すぐに思い出せる場所に保管しておくようにしましょう。例えば、医薬品の場合は家族皆が把握しているであろう、救急箱の近くなどといった具合です。

さて、食料品の備蓄は数も多くなりますので、それなりの保管スペースの確保が必要になります。ただ、それだけのスペースがあれば問題はないのですが、一般家庭でそうもいかない場合もあるでしょう。

そういったケースでは、普段の買い置きを多くするようにして、日常的に備蓄を合理的に行っていくと良いでしょう。日持ちのする調味料などは、常に1個以上のストックをしておくと便利です。

ティッシュペーパーやトイレットペーパーなども、常に1カ月分ほどはストックしておきましょう。飲み物に関しては、お茶や水などのペットボトルを1日凌げる分用意しておくようにしましょう。何かあってからでは遅いのです。早めに備蓄場所を決めて、食料などを保管しておくようにしましょう。

もしかしたら、家以外で災害に遭ってしまうことも考えられます。それに、もしかしたらその災害によって家の備蓄品を失ってしまうかもしれないのです。そう言った時のために、マイカーにも備蓄品を用意しておきましょう。また、ご自身の会社にも備蓄を最低限の食料や水などの備蓄をしておきましょう。

どんなものが良いの?ストックしたい食料とは

災害はいつ襲ってくるかわかりません。そんな災害のために、日頃から食料の備蓄は忘れない様にしたいものです。とは言え、ありったけのものをとにかく溜めておくというのではいけません。

あまりにも多く買い込んでしまうと、保管する場所に困ることになりますし、賞味期限がやってきたら処理をすることにも困るのです。備蓄の食料というものは、基本的な量を頭に入れて、その家庭の必要数だけストックしておけば良いのです。

〇どれくらいストックする必要があるの?

政府は、災害が起きた時用の備蓄に関しては7日分、最低でも3日分が必要であるとしています。家族の人数が多いと、それだけ備蓄しなければいけない食料も多くなるということです。それが7日分となると尚更です。

そういった量をしまっておく場所がないと嘆いてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には7日分の備蓄食料として多くを買い込み溜めておくべきだということでもないのです。大抵の場合、カップ麺などのスットックはどのご家庭でもあるのではないでしょうか。

そういったものを含めての7日分という考え方ですので、あなたのご家庭でどの程度消費しているかを基準にして、それを足していくような方法でストックするようにしましょう。要するに、お米であれば10キロか5キロと、購入するキロ数も違ってくるでしょう。

10キロを購入するご家庭であれば、普段はお米が1/3の2キロほどまで減ったら、新たに買い足すのではないでしょうか。こうした場合ですと、2キロが最低限備蓄されているお米だと言えます。

しかし、災害時には多くて5キロほどが必要になりますが、2キロの最低備蓄ですと3キロ足りない状態になります。なので、早急にお米を買いにいきましょう。スーパーにレトルトのご飯も売られているので、そういったものを備蓄にするというのも手段です。

食料では、たんぱく質も大事です。たんぱく質は魚や豆、肉などの缶詰をストックしておきましょう。1食につき1つが目安となります。4人でお住まいであれば、7日間で84個の缶詰等が必要になるということです。

それでも、災害が起きた時点ではきっと冷蔵庫に食料が残っていると考えられるので、そちらも消費できますね。その他には、常温保存できる牛乳であったり野菜ジュースなどもストックしておきましょう。

〇調理器具などの道具も忘れずに!

また、食料をストックする他にも、調理器具なども必要になります。あなたは『かんぱん』というものを聞いたことがあるでしょうか。かんぱんは、飽きずに食べることができますし、開封したらそのまま食べられるので、災害の時には非常に便利な食べ物です。

災害が起こると、電気や水道などのライフラインは止まってしまうことが考えられます。なので、開封後にすぐ食べられる食料は大変重宝します。備蓄品としては、レトルト食品や缶詰なども挙げられますね。

しかし、それらは何かした器具等が必等になるのです。缶詰の場合は、開けるだけだと思いこんでいたら缶切がないと開けられず、食べられなかったということも起こり得ます。レトルト食品も、温めないと食べられないことが考えられるので、電気がいらないカセットコンロなどをご家庭で1台は用意しておきたいです。

さらに、そのコンロもボンベが必要であり、ガスの残量がないと火を着けられなくなりますので、十分な量の替えの用意を忘れられませんし、水もなければ温めることができないので、覚えておきましょう。

食料のストックも忘れずに!日付管理も忘れずにしよう

人が生きていくためには、食料が必要です。しかし、災害が起こってしまった後に、食料が確保できなければ、飢えてしまいます。そうならないために、普段から食料はあらかじめストックをしておくようにしましょう。

〇賞味期限に要注意!

とはいえ、備蓄のための食料を買ってきてしまいこんでも、これで終わりというわけではありません。食料にも水にも消費できる期限もあるのを忘れてはいけないのです。賞味期限はその期限が来たらすぐに食べられなくなるというわけではないですし、管理を怠らずにきちんとしていれば、期限を過ぎてしまっていても、食べられないことはないでしょう。

ただ、期限切れのものを食べるのは誰だって避けたいものですね。なので、日頃から備蓄食料の日付管理をきちんとしていく必要があるのです。期限が切れたものはその時点で消費しても良いでしょうし、処分するのも手段です。

そして、新しいものを補充しておくようにしましょう。また、日付の管理をどのようにしすれば良いかというと、備蓄のための食料をどういった具合に買っているかでも違ってきます。例えば、備蓄のパックになったご飯を1ケース(20個入り)を買ったならば、同じに1ケース分の賞味期限がやってきますので、一気にご飯1ケースを食べることになるでしょう。

ご飯の場合は毎日いただくものでしょうし、さほど消費に困らないかもしれません。しかし、魚の缶詰など1ダースなどの場合でしたら、家族皆で缶詰を早く食べきらなくてはならないという事態に陥ってしまうでしょう。

ところが、同じ缶詰だったとしても賞味期限が同じでないのなら、賞味期限になった場合の消費のペースも緩やかになるので、家族も大変な思いをしなくても済むということになります。よって、ストックをするために買う食料については、日付管理をこまめにするようにして、少しずつ補充をするというスタイルで行うのがおすすめです。

とは言っても、こういった方法でストックをするためには、十分な保管場所がそばで、見やすい場所にあるということが望ましいです。見えやすい状態で、補充もしやすい環境下でストックをするようにしましょう。

備蓄をする際には、まずは普段自分から見えるような場所でコンパクトにしまえるようものからしていくのが良いです。日付の管理に慣れてきたなら、段々とストックの量も増やしていきましょう。

〇水の賞味期限も忘れずに!

水にも賞味期限があります。ただ、賞味期限が切れてしまったとしても生活用の水として利用することができるので、再利用しましょう。期限切れのものはすぐに捨てるという方もいらっしゃいますが、水の場合はすぐに処分するのではなく、とっておくことも大事です。

ペットボトルの賞味期限切れの水も災害時などには役立つので、飲める水とは別の場所に保管しておくようにしましょう。ちなみに、食品等の消費期限についてお話してきましたが、『物』も時を経ることで質が悪くなってしまうものがありますので、気を付けるようにしましょう。

ゴムなども、時間が経つと伸びきってしまい使えなくなってしまいます。マスクにもゴムが使われていますが、ゴムの劣化によって上手くマスクの役割を果たしてくれなくなってしまう可能性もあります。

ウェットティッシュも、乾燥することによって使えなくなってしまいます。このようなことにも気をつけて、備蓄を進めましょう。

1 2 3 4 5