災害が起きたら!どうやって情報を集めれば良い?

もし災害が起きたら、情報を収集する必要がありますね。では、どういった媒体などから情報を収集すれば良いのでしょうか。まずは、テレビやラジオです。テレビの地上デジタル放送でしたら、緊急情報であったり避難についての情報をリモコンのdボタンを押すと確認できるのです。

ラジオの場合はポケットラジオやポータブルラジオなど電気の要らないラジオがインターネットが使えない時に役に立ってくれるでしょう。続いては携帯電話やパソコンといったインターネットです。内閣府防災情報で災害の情報を確認できますので、大いに利用したいところです。

〇安否確認したい時などには

災害時に、家族や友人がどうしているかとても気になるかと思います。そういった時にはスマートフォンなどが使えるならば、そういったものを使って安否確認をすることが可能です。災害が起こると、携帯電話は通話に関しては制限されてしまいます。

しかし、パケット通信については繋がる事が多いため、SNSなどで連絡してほしいと呼び掛けることもできます。それに、今では携帯電話会社の対策も進んでいるので、停電してしまったとしても暫くの間はパケット通信ができるようになってきているのです。

災害が起きたら、家族が無事かどうかも知りたいですよね。そんな時には災害用伝言ダイヤル『171』などもありますし、安否確認をすることができるのですが、電話番号毎に1回づつメッセージを入れる必要もありますし、回線が混雑して利用できないことも考えられます。

よって、それ以外にもスマートフォンの安否確認サービスや先述のSNSで安否を確認するという手段を使うのも良いのです。さらに、災害が起こる前である今から、スマートフォンに災害に関するアプリ(防災を速報してくれるものなど)を入れて登録しておくと、安否確認以外に非常に役立ってくれることでしょう。

〇停電になった時などはどうすれば良い?

地震が起きた後などは震源地に近いところほど電話などが繋がりにくい状態になってしまいます。もしあなたがスマートフォンを持っていらっしゃるならば、ぜひスカイプをインストールしておきましょう。

ネット回線を利用するので、災害が起きた時でも通話ができるので、便利なのです。スカイプ同士であれば無料での通話が可能ですし、スカイプクレジットがあれば固定電話等にも連絡をすることができます。

もしもパソコンで情報収集をしようとした場合に停電になってしまうと、モデムやルーターの電源が落ちてしまいインターネットが使えなくなってしまいます。もし災害時にもパソコンでインターネットをするとしたら、あらかじめモバイルルーターやテザリング(スマホをモデムにしてPCをネットに繋ぐことができる方法)に対応しているスマートフォンを用意することが大事です。

それに、ノートパソコンがあると良いでしょう。スマートフォンについては、バッテリーの消耗も早いので、サブバッテリーがとても重要になります。非常時以外にも日常的にも持ち歩きたいものです。

日頃からの備えが大切!防災訓練にも参加しておこう

災害は、いつあなたの身に降りかかってくるかわかりません。近年を思い返しても、大地震であったり津波の被害、大雨の増水による被害や火山の噴火など、様々な災害が日本国中で起こっています。

そんな私達に被害をもたらす災害を防ぐために、各自治体では防災訓練を行っているのをご存じでしょうか。私には関係ないと考えずに、いつどういった状況で災害に遭うかわからないので、常日頃から防災訓練には積極的に参加するようにしましょう。

〇何のために防災訓練に参加するの?

災害で被害になるべく遭わないためには、人々の防災意識の向上をさせることが大事ですね。では、防災訓練にはなぜ参加することが大事なのでしょうか。災害が起こったとしても、人はそれまでに持っていた知識のみでは、動くことはさほどできないでしょう。

当サイトの冒頭でもお伝えしましたが、予期せぬ災害が起こったら、慌ててしまうことも考えられます。災害時には、どれだけ自分が冷静に行動できるかがカギとなってきます。そのためにも、災害時における適切な行動の仕方を知識として身に付けたりするために、防災訓練に参加することが重要になるのです。

さらに、職場や住む地域の避難経路を確かめるためにも、なるべく防災訓練に参加するようにしましょう。

〇なぜ?防災訓練が増加している事実とは

最近、各地で防災訓練が多く行われていることがご存じでしょうか。では、なぜ防災訓練は増えているのでしょうか。その答えは、やはり記憶にも新しいであろう、東日本大震災が起こったことで、人々の戒めとなったことが理由と考えられるでしょう。

当震災が起こってからというもの、東北の人のみならず日本各地の人達の、防災に関する考え方も変わり、意識が向上したと言えるでしょう。とあるアンケートにおいても、意識の向上は伺えるものとなっているようです。

学校でも防災訓練を行われている率が高まっています。これから起こることが予想される、南海トラフ大地震への備えとしても行われているのでしょう。大変に良い傾向と言えるのではないでしょうか。

また、防災訓練に参加するからには、目的意識をしっかりと持ち『参加して有意義だった、良かった』と思えるようにしたいものです。応急手当や心肺蘇生法について身につけておくようにしましょう。

〇『防災の日』を知っていますか?

防災の日というのがあるのを知っているでしょうか。9月1日のことです。この日は、大正時代に関東大震災が発生した日です。1960年の内閣閣議において決定したものだということです。

それ以来、9月1日は防災についての意識を高めるために国民運動も実施されています。また、自治体でも防災訓練が実施されています。先述した関東大震災は、東京を中心として、静岡方面まで被害をもたらしたものだそうです。

日本においては、このほかにも大きな被害をもたらした災害が多く起こっているので、防災訓練には積極的に参加して、自分や家族の身を守れるようにしておきことが望まれます。

いざという時のために!医薬品のストックについて

災害に見舞われると、普段の生活から一変してしまうことがあるでしょう。日常的に食料品の備蓄はしている方もいらっしゃるかもしれませんが、医薬品についても大切なものです。持病のある方にとっては、お薬は常にご自分の近くになくてはならないものでしょう。

それに、いつもは元気にしていても避難所生活になったりした場合などには、体調を崩してしまう方もいるのです。身体の疲労もあるでしょうけれど、精神的にも疲れてしまい、熱を出したり風邪をひいてしまうことも考えられます。

さらに、歯磨きができない環境になったことで歯に異常がでたり、普段食べないようなものを口にしたことでお腹を壊してしまうケースもあります。こうした場合にも、風邪薬などの薬はおおいに役だってくれることでしょう。

そして、地震などでガラスが割れて破片で怪我をしてしまうこともあり得ます。そうした場合にも消毒薬や絆創膏などがあると大変便利です。

災害が起きた時のために…医薬品は多めに備蓄を!

上記のような医薬品を備蓄しておくことは、とても重宝するでしょう。それでも、仕舞い込んでしまうということは避けましょう。それは、医薬品にも有効な消費期限があるということや、長く保存することで品質に問題が生じてしまうこともあるからです。

さらに、日常的に使用していないものは、災害時などに『あれがあった!』などと考えが及ばないこともあるからです。それでは、例え備蓄していても活用されずに無駄になってしまうこともあるでしょう。

なので、備蓄品として別に保管をしておくのではなく、日常的に使用する医薬品と同じ様に保管をすることがおすすめです。そうすることで、どれ位医薬品が残っているのかをチェックすることも可能になります。

それに、常備薬でしたらいつも切らさずにご家庭に置いておきたいものです。災害が起きた時のことを考えて、通常よりも多く医薬品を備蓄するという方法もあります。普通の救急箱よりも大きめの箱などでストックしておくのも良いでしょう。家族皆で医薬品の場所を周知しておく必要もありますので、覚えておきたいです。

何を保管する?備蓄する医薬品について

備蓄しておく医薬品は、風邪薬を始め鎮痛剤や胃腸薬も必要ですね。さらに、サプリメントであったりビタミン剤などといったものも適しています。もし避難生活などになった場合や食料を買えない場合には、栄養が偏ってしまいがちになるからです。

こう言った時にサプリメントが活躍してくれるでしょう。少しのスペースで保管できますので、数種類用意しておくと良いですね。また、湿布など打ち身やねんざに効果のある外用薬も保管しておきましょう。

身体を使った作業をした場合に筋肉痛になったり、ぶつけてしまうことも考えられるからです。家庭内で手早く対処することができますし、安心です。お子さんなどが突如熱を出してしまうこともあるでしょう。

そう言った時のために、熱を冷ましてくれる冷却シートも幾らか保管しておきましょう。夏場の冷蔵が使えなかった場合などの暑さ凌ぎにもなるので、便利です。

忘れてはいけない!非常用持ち出し袋を備えよう!

あなたは『非常用持ち出し袋』というものをご存じでしょうか。『非常用持ち出し袋』は、何か災害が起こった時にすぐに持ち出して逃げるようにするために、非常用の物品を入れておく袋のことです。各家庭に1つは用意しておくことが推奨されます。

日頃からご家庭で備えておくことで、安心に繋がるでしょう。

〇非常用持ち出し袋に入れるものは吟味しよう

では一体、『非常用持ち出し袋』には一体どういった物品を入れておけば良いのでしょうか。人によって違いはあるものの、人が背負って歩ける重量は、男性は15キロほど、女性だと10キロほどです。

そういったことから、あまり詰め込み過ぎると重くなりすぎてしまい避難にも支障を来たしますので、重さも加減しながら袋に詰めることが大切です。また、何でもかんでも入れると実際には役立たないものが多かったということになりかねませんので、内容に関しては十分吟味をする必要があります。

『非常用持ち出し袋』の内容は、何を入れなければいけないといった決まりがあるわけではありません。なので、あなたにとって何が重要であるかを考えながら選ぶと良いでしょう。

〇これだけは入れておきたい!必須のアイテムとは?

災害が起こってから救援物資が届くまで、最低でも3日ほどはかかってしまうことが多いです。なので、それまでの期間はご自身で乗りきることを考えなければいけません。では、『非常用持ち出し袋』に入れるべき必要最低限の物品をご紹介しましょう。

まずは、『非常用持ち出し袋』にする袋です。リュック型であり大きめが好ましいです。そして飲料水にカンパンなどの食料、懐中電灯に情報を得るためのラジオもあると便利です。さらに、お金などの貴重品も備えておきましょう。

小銭の用意を忘れてはいけません。また、救急の際のマスクや絆創膏なども必要です。着替えも圧縮袋等にいれてコンパクトに入れておきましょう。筆記具やハサミなども便利でしょう。

炊事などをする際のためにチャッカマン等の火を付けられるもの、様々に使えるタオルやポリ袋を数枚、断水になった場合に備えてのトイレットペーパーやウェットティッシュ、ガムテープや軍手(綿と皮両方)、雨合羽、避難先で場所確保に使うレジャーシートなどを入れておくようにしておくと安心です。

〇その他に必要になるものとは何だろう?

年齢や性別でも入れておきたいものが変わってきます。もし赤ちゃんがいるのであれば、おむつや粉ミルク、母子手帳、離乳食、スプーン、おしり拭きなどが必要になります。女性の方は、生理用品やヘアゴム等や化粧品、鏡、ブラシなど身だしなみに関するものも必要になるでしょう。

高齢者が御一緒であれば、柔らかいお粥などの非常食、そして介護用品の杖など、入れ歯の洗浄剤、高齢者手帳、大人用のおむつなどが用意されていると良いでしょう。視力を補うための、予備メガネやコンタクトレンズの洗浄液なども備えておきましょう。

さらに、カセットコンロにボンベなどがあると、食事の時に便利です。さらに古新聞や段ボールも用意しておくようにしましょう。

1 2 3 4 5